ヤマトダイアログ、ランドスケイプ/新DM サービス販売開始

2021年11月16日 

ヤマトホールディングスとドイツポストDHLの合弁会社であるヤマトダイアログ&メディア(YDM)とランドスケイプは11月16日、YDM が提供するパーソナライズドDM サービス「トリガーダイアログ」と、ランドスケイプが提供する法人見込み度AI スコアリングエンジン「Rating2.0」を連携し、新DM サービス「Rating2.0×トリガーダイアログ」の販売を開始した。

<「Rating2.0×トリガーダイアログ」>
20211116yamatodialog 520x252 - ヤマトダイアログ、ランドスケイプ/新DM サービス販売開始

今回、YDMが2019年に販売を開始したパーソナライズドDM サービス「トリガーダイアログ」にランドスケイプの法人見込み度AI スコアリングエンジン「Rating2.0」を連携し、AI を活用した短期間での「潜在」顧客の抽出と、対象企業の業種業態や規模などの特性に合わせたDM 発送で、ターゲット法人顧客への効果的なアプローチを実現する。

「Rating2.0 × トリガーダイアログ」を導入する企業は、自社内で保有する顧客リストや取引データを「Rating2.0」に登録することで、ランドスケイプが保有している日本最大級の企業属性のデータベース(業種、売上規模、ツール導入状況、建物・部署属性など)や、自社WEB サイトへアクセスしてきた頻度や閲覧傾向などを活用し、見込み企業をAIで抽出する。

また、そのデータベース分析で得られた見込み企業データから、すでに自社内に登録がある見込み企業や競合企業を除外し、潜在する新規顧客ターゲットを絞り込む。

そして、「トリガーダイアログ」で、生成された顧客の業種、売上規模の特徴に応じた内容や画像を配置したDMを印刷し発送する。パーソナライズ化されたDMで、手元に長く残るなど視認効果を高めることができる。また、優良かつ有力な潜在顧客にDMを送ることで、不必要な発送が削減できる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集