日本軽金属/水酸化アルミニウム製品値上げ、資材物流費高騰

2021年11月19日 

日本軽金属は11月18日、水酸化アルミニウム製品、アルミナ製品の価格改定を12月1日出荷分より実施すると発表した。

同社では世界的なアルミナ事業環境が変化する中で、アルミナ製品の継続的な安定供給に努めてきた。しかしながら、昨今のアルミニウム地金価格、精錬向けアルミナ価格および燃料価格の上昇は同社アルミナビジネスの基盤を大きく圧迫。

また、資材物流費等の各種コストも上昇しており、生産性の向上、合理化施策等の自助努力だけでは補えない状況となっている。

また、安定供給・事業継続のために今後必要とされる設備更新費用、環境対応費用の増加も鑑み、コスト増加分を製品価格に転嫁せざるを得ないとの判断に至ったもの。

■概要
対象商品:水酸化アルミニウム、アルミナ、ローソーダアルミナ、電融アルミナなど
価格改定幅:現状価格比 +20%以上
実施時期:12月1日出荷分より

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集