日本郵船/インドのタタ製鉄と脱炭素化に向け協力

2021年11月22日 

日本郵船は11月22日、同社が所有し同社グループのTata NYK Shipping Pte Ltd社(タタNYK社)が運航するばら積み船「FRONTIER SKY」が、インドの大手鉄鋼メーカーであるTata Steel Limited社(以下「タタ製鉄社」)向けの貨物輸送でバイオ燃料を使用した試験航行を実施したと発表した。

<位置図>
20211122nyk 520x379 - 日本郵船/インドのタタ製鉄と脱炭素化に向け協力

<バイオ燃料の製造から使用まで>

同社グループによるバイオ燃料での試験航行実施は、本年6月に続いてこれが3回目となる。

「FRONTIER SKY」は、船舶用燃料を広く取り扱う豊田通商ペトロリアム社の協力のもと、11月14日にシンガポール港でバイオ燃料を補油し、インドのダムラ港までの航路で試験航行を実施した。

バイオ燃料は、再生可能な生物由来の有機性資源(バイオマス)を原料にする燃料で、バイオ燃料を燃焼させる際の二酸化炭素(CO2)排出量は実質ゼロとみなされる。世界の外航海運で船舶から排出される温室効果ガス(Greenhouse Gas、以下「GHG」)削減の要請がますます高まる中、バイオ燃料は、重油に代わる船舶用燃料の中でも、現在すでに利用可能なものとして注目されている。

今回の試験航行は、サプライチェーンにおける海上輸送での脱炭素化を目指すタタ製鉄社と、バイオ燃料での過去2回の船舶の試験航行を通じ、その安全性とGHG削減効果などをさらに検証したい同社の目的が合致して実現したもの。

同社がバイオ燃料の補油手配と機関運転計画作成などの技術面のサポートを行い、タタNYK社が試験航行のための運航面での協力を行った。今後、この試験航行で得られた知見をタタ製鉄社、日本郵船、タタNYK社の3社で共有し、脱炭素化に向けた協業を推進するとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集