商船三井/グループ会社の宇徳とダイビルを完全子会社化

2021年11月30日 
関連キーワード:

商船三井は11月30日、ダイビル及び宇徳の完全子会社化を目的として両社の株券等を公開買付けにより取得することを決議したと発表した。

<完全子会社化の狙い>
20211130mol 520x474 - 商船三井/グループ会社の宇徳とダイビルを完全子会社化

商船三井は、ダイビル及び宇徳の完全子会社化の実現により、グループの経営資源をより強固な形で結集させ、グループ経営の強化を図る。これにより、子会社事業の強化はもとより、グループ全体の収益成長を加速させるとともに、持続的な企業価値向上に努めていくとしている。

■子会社化する企業の概要
ダイビル
所在地:大阪市北区中之島三丁目6番32号
事業内容:不動産の所有、経営、管理及び賃貸借
資本金:122億2700万円
設立:1923年(大正12年)10月15日

宇徳
所在地:神奈川県横浜市中区弁天通6丁目85番地
事業内容:港湾運送事業、海上運送事業、一般貨物自動車運送事業、貨物利用運送事業、倉庫業、通関業、建設業、不動産業
資本金:21億5500万円
設立:1915年(大正4年)12月8日

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集