日野自動車/DoCoMAPに日野コネクティッドトラックが対応

2021年11月30日 
関連キーワード:

日野自動車は11月30日、ドコマップジャパンとデータ連携を開始し、ドコマップジャパンの動態管理ソリューション「DoCoMAP」で日野のコネクティッドトラック専用プランの提供を始めると発表した。

<データ連携のイメージ図>
20211130hino 520x157 - 日野自動車/DoCoMAPに日野コネクティッドトラックが対応

車両に新たなデバイスを追加する必要なく、安価で高機能な動態管理ソリューションを手軽に導入できることで、トラックの稼働効率化に貢献する。

この12月より、全国のフジホールディングスグループ企業10社でトライアル運用を行い、来年4月より一般ユーザー向けのサービス提供を開始する。

ドコマップジャパンの「DoCoMAP」のデータベースに日野のコネクティッドトラックの位置情報と車速データの連携を開始する。これにより、新たなシステム構築やデバイス追加といったハード面での負担なく、「DoCoMAP」の車両位置把握をはじめとするリアルタイムでの車両動態管理機能を利用できるようになる。

なお、DoCoMAPとは、車両に取り付けたGPS端末からの位置情報で、車両の位置をGoogleMaps上に表示・管理する動態管理サービス。PCのブラウザで専用サイトにアクセスすることで、車両の位置情報が簡単に確認できる。GoogleMapsの機能を利用して、渋滞情報やストリートビューなどの機能を直接利用することが可能。また、車両の走行した軌跡を地図上に表示すると同時に、速度と時間が連動したグラフを表示したり、過去1年分の履歴をカレンダーより簡単に呼び出し、確認することも可能だ。

■概要
(主な機能)
リアルタイムでの車両の動態管理
Google Mapsベースの使いやすいユーザーインターフェース
運行管理業務に最適な機能を豊富に搭載

(対象車種)
日野プロフィア (2017年5月以降の発売モデル)
日野レンジャー (2017年5月以降の発売モデル)
日野デュトロ (2019年5月以降の発売モデル)

(提供プラン)
ベーシックプラン:月額1180円(台/税別)
リアルタイム位置情報、車両の速度表示、13か月の走行履歴、docomap PLUS対応

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集