JFLAHD/子会社の盛田が醤油等値上げ、物流費上昇も一因

2021年12月07日 

JFLAホールディングスは12月7日、子会社の盛田が、盛田、マルキン、イチミツボシ、マルシチブランドのしょうゆ(混合しょうゆ、しょうゆ加工品を含む)、たまり、アミノ酸液について、2022年3月1日出荷分より価格改定をすると発表した。

盛田では、各ブランドのしょうゆ商品について、2008年4月以降、約13年にわたって現行価格を維持してきた。この間、原材料価格や物流費等の上昇に対し、製造コスト削減や物流の合理化等の努力をしてきたが、昨今、同社の努力を超える状況にあり、今般やむを得ず価格改定することになったもの。

■概要
対象商品:盛田各ブランド(盛田/マルキン/イチミツボシ/マルシチ)、しょうゆ商品(混合しょうゆ、しょうゆ加工品を含む)、たまり商品、アミノ酸液商品
改定価格:現行希望小売価格から約4~10%引き上げ
実施時期:2022年3月1日出荷分より

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集