CRE/運送管理SaaS提供のascendと資本業務提携

2021年12月08日 
関連キーワード:

シーアールイーは12月8日、ascendと資本業務提携を締結したと発表した。

ascendは、運送管理SaaS「アセンド・ロジ」の開発・提供、物流顧客に向けたコンサルティング業務を展開し、運送業界の課題解決に向けたソリューションを展開している。

「アセンド・ロジ」は、案件管理や配車表・請求書の作成といったTMS(輸配送管理システム)の基本機能に留まらず、詳細なデータ分析を通したレポートの発行により、業務効率化と適時な経営改善提案を同時に提供している。また、同社の顧客支援担当(カスタマーサクセス)チームが現場に入り込み、ユーザーに寄り添った柔軟な設定・運用ができるプロダクトに仕上げており、本格リリース前にもかかわらず顧客から多くの引き合いを獲得している。

ascendは、中長期的には既存事業を通して蓄積した知見を用いて「運送業界の価値最大化」を事業ビジョンとして掲げている。

また、シーアールイーは事業ビジョンとして「世界の人とモノをつなぐ物流インフラプラットフォームとしてNO.1企業グループ」を掲げており、ascendへの資本参加を通じて物流インフラプラットフォームのサービスラインアップとして既存のプロダクトやコンサルティングサービスをシーアールイーの顧客基盤に提供することで、運送業界のDX化や、サービスの品質向上・効率化を図る運送会社の成長に寄与することを目指す。

また、シーアールイーの物流インフラプラットフォームを構成する既存企業群とascend間での事業シナジーの創出についても、今後順次開始していくとしている。

■ascendの概要
所在地:東京都新宿区市谷田町2-38-3 シティ市ヶ谷502
資本金:1億1556万6850円
設立:2020年3月5日
主な事業内容:配送管理システム「アセンド・ロジ」の開発・提供、物流コンサルティング

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集