キリングループロジ/2022年の年間所定労働時間を24時間削減

2021年12月20日 
関連キーワード:

キリングループロジスティクス(KGL)は12月20日、従業員のワークライフバランスの充実を目的に、2022年の年間所定労働時間をこれまでの1920時間から24時間短縮し、1896時間とすることに決定したと発表した。

年間所定労働時間の改定は同社で初めてのこと。

KGLは、2016年より従業員の働き方改革に取り組み、労働組合との間でも相互に意見交換、検討を重ね、効率的な働き方の実現や生産性の向上に向けて、積極的に制度の導入と改定を実施している。

今回、各事業所での業務改善、多能工化などによる総労働時間の削減に取り組んだ結果、年間所定労働時間を24時間削減できる見通しがたったもの。

今後もポストコロナを見据え、生産性向上と従業員のワークライフバランスの充実を目指し、積極的に働き方改革につながる制度を導入・改定していく。

KGLは、キリングループで培った「キリン品質」で、顧客に「安全」・「安心」・「信頼」と「質の高いサービス」を提供するとともに、国土交通省・経済産業省・農林水産省が推進する「ホワイト物流」推進運動を推進していくことで、持続可能な物流を実現していくとしている。

■同社の「働き方改革」実現に向けた制度導入の流れ
2016年/在宅勤務制度導入
2017年/インフルエンザ予防接種費用補助
2018年/キャリアリターン制度導入、リフレッシュ休暇制度拡大、積立休暇要件拡大
2019年/フレックスコアタイム廃止、看護介護休暇無事故扱い、傷病からの復帰支援
2020年/在宅勤務制度改定、全国・ブロック社員制度導入、インフルエンザ予防接種費用全額補助
2021年/キャリアリターン制度見直し

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集