CBcloud/総額約60億円の資金調達を実施、累計約80億円

2021年12月20日 
関連キーワード:

CBcloudは12月17日、国内および海外の機関投資家や事業会社を引受先とする第三者割当増資(シリーズCラウンド)及び大手金融機関からの追加融資枠設定により、総額約60億円の資金調達を実施したと発表した。

今回の調達により、2016年9月からの融資を含む累計調達額は約80億円となった。

<CBcloudインフラの社会実装>
20211220cbcloud 520x347 - CBcloud/総額約60億円の資金調達を実施、累計約80億円

今後の展開では、ポストコロナ時代に適した新しい物流を世の中に実装するために、プロダクトとサービスの強化を図っていく。具体的にはまず、CBcloudのプラットフォームの特徴を活かした緊急/即日配送サービスを「PickGoエクスプレス」と再定義し、従来の法人・ウェブ経由のみならず、個人の顧客にアプリ経由でも依頼できるようにした。その結果、発注時の利便性がさらに高まることに加え、今まで未対応だった買い物代行以外での個人の配送ニーズの取り込みも図る。

また、「PickGoエンタープライズ」を新たに定義し、PickGoの配送パートナー、飛行機、鉄道などのアライアンスを含む配送インフラネットワークやテクノロジーをフル活用することで、顧客企業の個別ニーズに応じた物流を構築・提供していく。一例として、ネットコンビニやネットスーパーなど、従来は難しかった短いリードタイムでの配車や、予測しにくい需要変動への対応が可能となる。「PickGoエンタープライズ」を通じて、同社は顧客企業の物流費用削減のみならず、売上成長や新たな事業の創出なども支援していくとしている。

そして、CBcloudでは「世の中の眠る力に革新を。」のミッションのもと、志を共にする仲間とともに配送現場をエンパワーし、配送パートナーの価値が正当に評価される仕組み作りと新しい物流インフラの実装を加速させたいと考えている。そのために今まで以上に組織を強化すべく、採用を加速していく。

CBcloudの松本 隆一CEOは、「労働力人口の減少による担い手不足は全産業に共通する課題。ドライバーの急速な高齢化や若年層の参入へのハードルが高い物流現場では、コロナ禍を背景とした輸配送ニーズの急激な高まりも重なり、さらに厳しい状況にある。CBcloudでは物流現場で培った知見とITの知見を活かし、引き続き「ドライバー・パートナーファースト」の実現に向け課題解決に努めていく。また、CBcloudのプラットフォームをさらに強化しながら、想いを共有してもらえるパートナー企業とともに社会に新たな価値を創出し、物流を魅力ある産業へと押し上げ、パートナー企業の発展を支援していく」と述べている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集