モノフル/トラック売買プラットフォーム運営のAzoopに出資

2021年12月24日 
関連キーワード:

日本GLPグループのモノフルは12月24日、トラック運送業向けに車両売買プラットフォームと運送業務支援SaaSを提供するサービス「トラッカーズ」を運営するAzoop(アズープ)のシリーズBラウンド資金調達にリード投資家として出資したと発表した。

モノフルは、今回の資金調達を通じてGLPグループの顧客基盤を生かしながら車両売買プラットフォームでの取扱車両数の拡大と、運送会社に対するトラックを起点とした収益改善という価値提供の支援を行っていくとしている。

Azoopは、2018年に運送会社を対象とした商用車両売買プラットフォーム、2020年に燃料費や修繕費といった車両1台あたりのコストを見える化する車両管理の運送業務支援SaaSを展開しており、その後も保有車両の時価資産算定の機能を新たに拡充することで、運送会社にとって車両管理を中心とした統合的なサービス提供を実現している。

今回の資金調達ラウンドでは、モノフルが新規でリード投資家として出資を引き受けたほか、既存投資家も参画。ファーストクローズで9億円を調達し、続くセカンドクローズを経て総額13億円となることを予定している。

Azoopは、今回の資金を車両売買プラットフォームでの取扱車両数の拡大と運送業務支援SaaSの事業成長に向けた体制強化やマーケティング活動に活用する計画。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集