三和シャッター/太田ドア工場の物流棟に太陽光発電設備導入

2022年01月14日 
関連キーワード:

三和シャッター工業は1月14日、群馬県太田市の太田ドア工場物流棟の屋根に太陽光パネルを設置し、2021年12月15日より稼働を開始したと発表した。

<太田ドア工場>
20220114sanwa1 520x303 - 三和シャッター/太田ドア工場の物流棟に太陽光発電設備導入

<敷き詰められたパネル>
20220114sanwa2 520x291 - 三和シャッター/太田ドア工場の物流棟に太陽光発電設備導入

太田ドア工場物流棟に設置した太陽光発電設備は、パネルの総面積が約3500m2で、710kW(キロワット)の発電能力を有する。太田ドア工場で使用する電力の約14%をまかなう予定で、年間約300トンのCO2排出量削減を見込んでいる。

三和グループは、気候変動リスクへ適切に対応するため、今後もCO2をはじめとする温室効果ガスの削減に努め、持続可能で豊かな社会の実現に貢献していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集