LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本郵船/内航タンカー運航会社の上野トランステックへ出資

2022年01月27日/SCM・経営

日本郵船は1月27日、上野グループホールディングス傘下の内航タンカー運航会社である上野トランステックの株式10%を取得することに合意したと発表した。

<日本郵船の長澤 仁志社長(左)、上野グループホールディングスの上野 元社長COO(右)>
20220127nyk 520x348 - 日本郵船/内航タンカー運航会社の上野トランステックへ出資

日本郵船と上野グループはそれぞれ低・脱炭素化を推進している。また、その実現の土台として、輸送品質や安全性の担保は両社の最重要課題であると認識しており、船員に掛かる労務負担の軽減、自律・自動化によって船員の運航業務の補完、継続的なサービス品質の維持、向上を目指し、自律運航船を始めとする先進船舶開発に取り組んでいる。

両社は共通の社会課題認識を持つものとして相互に共感し、その解決に向けて外航・内航海運分野を横断する協力体制を構築することが必要という考えで合致し、日本郵船が上野トランステックへ出資することで合意した。

今後、両社は水素・アンモニアといった次世代エネルギーの日本国内でのバリューチェーン構築や自律運航船・ゼロエミッション燃料船等の先進船舶の開発等での協業を検討していくとしている。

■上野トランステック
本社所在地:神奈川県横浜市
株主構成:上野グループホールディングス80%、出光興産10%、日本郵船10%

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース