LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

NEC/高安全性&作業効率倍増の搬送ロボット制御技術開発

2022年01月27日/IT・機器

  • 関連キーワード
  • NEC

NECは1月27日、高い安全性を維持しながら、ロボットによる倉庫内での搬送作業の効率を従来比2倍に向上させる制御技術を開発したと発表した。

<開発した搬送ロボットの制御技術の概要>
20220127nec21 520x387 - NEC/高安全性&作業効率倍増の搬送ロボット制御技術開発

センサーの測定誤差やシミュレーション結果と実際のロボットの動きの差など、ロボット制御の不確かな要素を表現できるモデルと、数理ファイナンスの手法を活用して、安全性リスクに応じてロボットを制御するリスクセンシティブ確率制御技術を開発した。

これにより、作業者や床上の物品などの障害物がなくリスクが低い場所では最短距離を高速走行し、リスクが高い場所では確実に回避できる経路を低速走行するなどを、ロボットが自律的に判断し実行できるようになる。

NECが同技術を適用したロボットと従来のロボットで搬送作業を比較したところ、作業時間が半分に短縮され、安全性を確保しながら搬送効率を2倍向上できることを確認。また、ロボット専用エリアを整備しなくても安全性と効率性を実現できるため、既存倉庫への導入が容易になる。

NECは同技術を2023年度に実用化し、同社の協調搬送ロボットに搭載する予定。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース