LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ミヨシ油脂/物流倉庫の敷地を譲渡、茨城県阿見町へ移転

2022年02月24日/SCM・経営

ミヨシ油脂は2月24日、本社事務所、物流倉庫、東京工場のメイン区画として利用している東京都葛飾区の土地2万687m2と870m2の借地権を、野村不動産へ譲渡すると発表した。

ミヨシ油脂は、2月14日公表の中期経営計画で2030年に向けた経営構想の基本コンセプトを公表しており、持続的成長基盤を確立し、その成長基盤を土台とした食品・油化事業の継続的な成長と発展のために、本社や物流倉庫が立地する東京都葛飾区の土地を譲渡することにした。

同社は2月24日付で土地の譲渡を取締役会で決議しており、同25日に契約を締結予定。引渡期日は2025年6月で、それまでは引き続き活用を予定している。

同地に立地する施設については、将来的に本社事務所は同地に隣接するサブ区画にある建設予定地(6909m2)への移転、物流倉庫は茨城県稲敷郡阿見町所在の所有地(1万3307m2)への移転、東京工場は他工場への移管等を予定している。

■譲渡資産の内容
所在地:東京都葛飾区堀切4-66-1
土地:2万687.11m2
借地権:869.78m2
現況:本社事務所、物流倉庫、東京工場の敷地
譲渡益(概算):123億円

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース