LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

大和ハウス/茨城県稲敷郡阿見町に8.4万m2の物流施設着工

2022年03月15日/物流施設

大和ハウス工業は3月15日、茨城県稲敷郡阿見町において、マルチテナント型物流施設「DPLつくば阿見Ⅲ」を、同日着工したと発表した。

<「DPLつくば阿見Ⅲ」イメージパース>
20220315daiwah1 520x312 - 大和ハウス/茨城県稲敷郡阿見町に8.4万m2の物流施設着工

<位置図>
20220315daiwah2 520x308 - 大和ハウス/茨城県稲敷郡阿見町に8.4万m2の物流施設着工

開発する「DPLつくば阿見Ⅲ」は、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)「阿見東IC」出口より約1.2km(車で約3分)で、圏央道から常磐自動車道などの高速道路にアクセスしやすく、交通利便性が高い場所に位置している。また、東京都心部まで約70km、成田国際空港まで約40kmと国内外への物流をカバーできる立地。

建物は、地上3階建て、延床面積8万4766.92m2、最大8社のテナント企業が入居可能なマルチテナント型物流施設。1区画の賃貸面積は約5700m2からで、小規模の物流事業展開を検討しているテナント企業のニーズにも対応できる。

この施設は、EC(電子商取引)事業者や近隣の工業団地の製造業者、小売業者等の入居を想定したマルチテナント型物流施設として、昨今の物流業界における市場環境の変化に伴った幅広い物流ニーズに応えることができる。

また、従業員約200名が雇用されることを想定し、283台分の従業員用駐車場を用意。また、施設の1階には、就労環境の向上のために館内従業員の休憩スペースを設ける。

なお、同社はこれまで、茨城県内において、マルチテナント型物流施設「DPLつくば阿見Ⅰ-A」「DPLつくば阿見Ⅰ-B」(稲敷郡阿見町)やBTS型物流施設など合計11棟、総延床面積約50万m2の物流施設の開発を手掛けてきた。

■建物概要
名称:「DPLつくば阿見Ⅲ」
所在地:茨城県稲敷郡阿見町よしわら2-16-3の一部
交通:首都圏中央自動車道「阿見東IC」より約1.2km
敷地面積:5万43.51m2(1万5138.16坪)
建築面積:3万974.63m2(9369.83坪)
延床面積:8万4766.92m2(2万5641.99坪)
賃貸面積:7万6885.50m2(2万3257.86坪)
構造・規模:鉄骨造・地上3階建て
建物用途 :マルチテナント型物流施設
事業主 :大和ハウス工業
設計・施工:日本国土開発
着工:2022年3月15日
竣工:2023年5月30日(予定)
入居:2023年6月1日(予定)
総投資額:約125億円

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース