LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

センコーGHD/グループ向け賃貸用物流施設の第1弾を竣工

2022年03月15日/物流施設

センコーグループホールディングスは3月15日、大阪府泉南市で「センコー泉南PDセンター」の竣工式を行った。

<センコー泉南PDセンター>
20220315senko 520x347 - センコーGHD/グループ向け賃貸用物流施設の第1弾を竣工

新センターは同社が建設し、センコーへ貸し出す。阪神高速道路「泉佐野南IC」から5km、大阪中心部をはじめ兵庫、奈良、和歌山などの関西圏への配送拠点としてアクセスが良く、関西国際空港からも12kmと国際貨物の輸出入拠点としても良い立地にある。洪水や土砂災害、津波ハザードマップの危険エリア外にあり、BCPにも対応している。

<太陽光自家消費PPAモデルと自己託送の流れ>
20220315senko1 520x182 - センコーGHD/グループ向け賃貸用物流施設の第1弾を竣工

また、太陽光自家消費PPAモデルの導入により、屋上全面に設置した太陽光パネル(682.5kW)で新センターの使用電力を自家消費しながら、余剰電力をセンコーグループ間で融通する自己託送を、関西電力と共同で取り組む計画で、4月1日から発電と自己託送の開始を予定している。自己託送先は、兵庫県内のセンコーの物流施設2か所とグループ会社の寺内が大阪市内で運営する商業施設1か所を予定。グループ間の複数企業をまたぐ3拠点へ自己託送を行うのは国内初の取り組みとなる。

センコーグループホールディングスは、センコーグループへ高品質で低コストに物件を提供することを目的に物流施設の賃貸事業を開始しており、新センターはその第1号物件となる。提供する物件はデザイン性のある外観で、従業員が心地良く過ごせる休憩スペースを設置するなど、働きやすい環境づくりに配慮しており、今後もこのような物件の建設を予定している。

■「センコー泉南PDセンター」概要
所在地:大阪府泉南市北野2-4-2
建物構造:SRC造 地上6階建
敷地面積:1万8172m2
延床面積:3万3955m2
倉庫面積:2万8846m2
設備:両面バース36台分、クライミングレベラー1台、ドックレベラー5台、非常用自家発電設備(260KVA)、太陽光パネル、移動ラック
貸主:センコーグループホールディングス
貸出先:センコー

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース