LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井/アンモニア・液化CO2兼用輸送船の概念研究を完了

2022年03月31日/3PL・物流企業

PR記事

商船三井は3月31日、三菱重工グループの三菱造船と協働し、将来的な液化CO2とアンモニアの輸送需要の対応で、市場で主流になると見込む船型をベースとした「アンモニア・液化CO2兼用輸送船」のコンセプトスタディー(概念研究)を完了したと発表した。

<アンモニア・液化CO2兼用輸送船のイメージ図>
0331mol - 商船三井/アンモニア・液化CO2兼用輸送船の概念研究を完了
今回、コンセプトスタディーを完了した「アンモニア・液化CO2兼用輸送船」では、将来の液化CO2・アンモニアマーケットを想定し、2021年11月にコンセプトスタディーを完了した液化CO2輸送船(LCO2船)と同じく、5万m3前後までのカーゴタンク容量を設定した。

今後は、この船型をベースに、バリューチェーン全体を踏まえた顧客ニーズに柔軟に対応できるよう、日本の海事クラスターと共に、さまざまな船型の検討に引き続き取り組む。

同社によると、LCO2船は、低・脱炭素社会を実現する手段の一つとして注目されているCCUS(Carbon dioxide Capture Utilization and Storage)のバリューチェーンの中で、回収し液化したCO2を貯留地や有効利用地へ効率的に輸送する手段の1つとして重要な役割を担うという。

また、アンモニアは、燃焼時にCO2を排出しない次世代のクリーンエネルギーとして世界的に関心が高まっており、脱炭素化の流れの中で、アンモニアを戦略的に活用する動きが世界で増えているとしている。

商船三井は、2021年3月に欧州で産業向けLCO2船を30年以上管理するラルビック・シッピング(ノルウェー)に出資し、液化CO2海上輸送事業に参画した。同社は、これまで培ってきた安全運航の知見とラルビック・シッピングのノウハウと実績を合わせ、顧客ニーズに沿ったLCO2船の実現に向けた検討を継続するという。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース