LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日東物流/タナベ経営の新刊書にサステナブル・ビジネス事例紹介

2022年04月21日/3PL・物流企業

千葉県・四街道市で冷凍・チルド帯の食品を中心とした運送事業を展開している日東物流は4月21日、タナベ経営が4月20日に発売した新刊「物流業4つのサステナブル・ビジネスモデル(ダイヤモンド社刊)」において、サステナブル・ビジネスモデルの事例として紹介されたと発表した。

<物流業4つのサステナブル・ビジネスモデル>
20220421nitto11 - 日東物流/タナベ経営の新刊書にサステナブル・ビジネス事例紹介

<日東物流の車両>
20220421nitto2 520x390 - 日東物流/タナベ経営の新刊書にサステナブル・ビジネス事例紹介

長時間労働や低い給与水準、慢性的なドライバー不足など、様々な問題を抱えている物流業界で、特に業務効率改善や環境配慮への取組みは喫緊の課題。新刊「物流業4つのサステナブル・ビジネスモデル」は、そんな物流業界の問題を概観しつつ、DXやSDGsなど物流業界に求められる取組みの考え方と、その事例を様々な角度から紹介、新しい物流企業のあり方に多くの示唆を与える内容となっている。

本書で同社は、物流業界において縁遠いと言われる「健康経営」と「コンプライアンス」を軸に、労働環境と財務体質、そして社内の風土を改善させ、社員にも社会にも優しいサステナブル・ビジネスモデルの事例として紹介されている。

事例紹介を受け、同社の菅原社長は「社会的にも、会社的にも、誠実で健全でありたいとの想いで取り組んできた、わたしたちの”健康経営の実践”と”コンプライアンスの徹底”がこのような形で紹介されたことは、本当に嬉しく思う。当社の事例はひとつのケーススタディに過ぎないが、物流業界の問題を解決する一助になればと思う。同じ志を持つ同業他社とつながり、手を取り合い、事業会社レベルから物流業界を変えていきたいと思う」とコメントしている。

■書籍概要
タイトル:「物流業 4つのサステナブル・ビジネスモデル」(ダイヤモンド社刊 1760円/税込)
著者:タナベ経営 物流ドメインコンサルティング チームリーダー 土井大輔
発行年月:2022年4月20日

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース