LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ユナイテッドアローズ/ヤマト運輸「カメイドクロック」制服企画

2022年04月27日/SCM・経営

ユナイテッドアローズは4月27日、法人向けコンサルティングサービス「PRODUCED by UNITED ARROWS」において、4月28日にオープンする新商業施設「KAMEIDO CLOCK(カメイドクロック)」(東京都江東区亀戸)のインフォメーションスタッフ向けの制服をプロデュースしたと発表した。

<ヤマト運輸が運営するインフォメーションセンターのスタッフ着用の制服>
20220427ua1 - ユナイテッドアローズ/ヤマト運輸「カメイドクロック」制服企画

インフォメーションカウンターは1階フロア中央に位置し、そこで働くスタッフは、各種ご案内、宅急便の手配、クロークサービス等の対応を行う施設の顔となる存在。さらに、地域の人々の困りごとを解決する生活全般に関わる相談窓口を設置し、安心・快適な生活をサポートするサービスを提供するなど、地域と連携した「街のコンシェルジュ」機能も担う。

「PRODUCED by UNITED ARROWS」では、今回の制服の企画に当たり、「上質感、清潔感があること」「制服にありがちな堅いイメージを払拭するような柔らかいデザインであること」「カメイドクロックのカラーであるグリーンをコーディネートの一部に取り入れること」を意識し、お客様に寄り添い親しみやすく、そして、訪れる方に「ココロ踊る時」を提供するような制服を提案した、としている。

<左がセットアップ時、右がブラウスのコーディネート>
20220427ua2 520x389 - ユナイテッドアローズ/ヤマト運輸「カメイドクロック」制服企画

制服は、落ち着いた雰囲気のセットアップとブラウスのコーディネートに仕上げ、首元にカメイドクロックのロゴをモチーフにしたスカーフをあしらった。

セットアップは、布帛でありながらダンボールニットのような丸みのある仕上がりに。ジャケットの袖とスカートの腰回りに立体的なフォルムを出して柔らかさが表現できるようパターンに工夫を施した。ウェストゴムの調節に加えて、名札を付ける胸元には裏地に補強テープを入れることで、制服としての機能や耐久性にもこだわっている。

ブラウスのカラーには、カメイドクロックのイメージカラーであるグリーンを取り入れた。落ち着いた印象でエレガントに着こなせるハイネックに、襟元や袖口にはギャザーを施してフェミニンな表情を。上品な光沢とシルクのような軽さが特徴で、イージーケア性にも富んだ素材を採用している。

なお、カメイドクロックには、ユナイテッドアローズが展開する「ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング カメイドクロック店」も4月28日オープンする。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース