LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

アルプス物流/3月期の売上高13.2%増、営業利益27.4%増

2022年04月28日/決算

アルプス物流が4月28日に発表した2022年3月期決算によると、売上高1138億1400万円(前年同期比13.2%増)、営業利益60億2100万円(27.4%増)、経常利益61億6600万円(25.2%増)、親会社に帰属する当期純利益35億9800万円(24.1%増)となった。

同期は「成長軌道への回帰」を目標に、ネットワークの強化や、車載・産機市場向け事業の拡充、IT・自動化の推進、従業員のスキル・満足度向上、ESGの取り組み強化などに取り組んだ結果、売上高、各段階利益の全てで過去最高を更新した。

電子部品物流事業の売上高は640億9000万円(21.5%増)、営業利益は40億3000万円(30.9%増)。国内外ともに保管、運送、輸出入の全事業で売上高が増加。また、生産性向上の取り組みとして、国内幹線便ネットワークの再編、保管事業のIT化推進や入出庫業務の効率化などを図り、増収増益を確保した。

消費物流事業の売上高は272億3400万円(2.2%増)、営業利益が12億4700万円(5.3%増)。新規に稼働を開始したメディカル関連が寄与したほか、コロナ禍の長期化に伴う在宅生活様式の定着で通販・宅配需要は高水準の状態にあり、減価償却費や修繕費、燃料費などのコスト増加要因があったものの増収増益となった。

次期は、売上高1150億円(1.0%増)、営業利益58億円(3.7%減)、経常利益55億5000万円(10.0%減)、親会社に帰属する当期純利益32億5000万円(9.7%減)を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース