LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

横浜市/大黒ふ頭に新たな自動車運搬船サービス航路開設

2022年05月02日/3PL・物流企業

横浜市港湾局は5月2日、イスラエルの海運会社である ZIM INTEGRATED SHIPPING SERVICES LTD.が、大黒ふ頭を拠点に、中南米向けの自動車運搬船サービス航路を新たに開設することになったと発表した。

<NOCC OCEANIC(ZIMジャパン提供)>
20220502yokohama 520x290 - 横浜市/大黒ふ頭に新たな自動車運搬船サービス航路開設

ZIM INTEGRATED SHIPPING SERVICES LTD.は本社をイスラエルに構え、全世界に230港、100航路以上のサービスを展開する海運会社。コンテナ取扱量でも、世界的な主要船社として上位にランクしている。

なお、東日本最大の完成自動車取扱拠点である大黒ふ頭では、4月に港湾施設条例改正による貸付制度を適用した自動車ターミナルが供用開始するとともに、岸壁や荷さばき地の改良により11隻の大型自動車専用船の同時着岸が可能になるなど、自動車取扱機能強化を図ってきた。

■新規開設航路
運航船社:ZIM INTEGRATED SHIPPING SERVICES LTD.
日本代理店:ZIMジャパン
航路名:中南米航路
寄港地:南沙(中国)- 上海(中国)- 横浜(日本)- 名古屋(日本)- チリ(サンアントニオまたはリルケンの予定)
寄港頻度:35日~45日に1船
本船(7隻): NOCC OCEANIC,PAGNA,LAKE COMO,SEBRING EXPRESS,SIEM SOCRATES,VIKING OCEAN,VIKING SEA

■船舶情報
船名:NOCC OCEANIC
船籍:ノルウェー
船型:Ro-Ro船
総トン数:5万8250トン (6500台積み)
全長:199.98m
荷役形式:ロールオン・ロールオフ

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース