LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

Automagi/非定形荷物の計測時間、20秒から1秒へ大幅削減

2022年05月30日/SCM・経営

Automagi(オートマギ)は5月30日、スマートフォンで荷物を撮影するだけで自動でサイズ計測しデータとして記録・管理できる荷物情報収集アプリケーション「Logi measure(ロジメジャー)」に、非定形計測機能を追加したと発表した。

<ロジメジャーに非定形計測機能を追加>
20220530Aotomagi1 - Automagi/非定形荷物の計測時間、20秒から1秒へ大幅削減

これまで「Logi measure」で計測できるのは、段ボールなどの直方体の荷物のみだったが、非定形計測機能が加わったことで、緩衝材で包装された荷物や紙袋、鞄やキャリーケースなど形やサイズの異なる一部の非定形荷物の縦、横、高さの3辺計測も可能となる。

<さらなる業務効率化を支援>
20220530Aotomagi2 - Automagi/非定形荷物の計測時間、20秒から1秒へ大幅削減

同機能追加により、商品梱包用の箱の選定や引っ越し業者による家具の計測、飛行機の機内持ち込み荷物の計測など、形や大きさにばらつきがあり、手作業で測る必要があった荷物の計測時間を、約20秒から約1秒へと大幅に削減できるという(同社調べ)。

なお、非定形の大きさや種類によるが、推奨環境下での計測であれば3辺合計の計測精度は90%以上を実現している。

Automagiは、物流業界のDX推進業と務効率化支援を目的に「Logi measure」を開発し、2021年10月より提供開始。今後、撮影対象物の種類やサイズを拡張するため、計測時の精度向上を進めていくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース