LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三井化学、三井倉庫/3年間の国際輸送で発生のCO2排出量を計算

2022年06月15日/3PL・物流企業

三井化学は6月15日、自社製品の過去3年分の国際輸送により発生したCO2排出量の計算を、三井倉庫ホールディングス(三井倉庫HD)と共同で実施したと発表した。

この算定により、三井化学は、原材料、生産、製品出荷に至るほぼ全てのCO2排出量の計算・開示を行うことが可能となる。特に製品出荷部分は、国際的な第三者機関の妥当性評価も得た精度の高い算出法となる。

両社は、今後も三井倉庫HDが提供する物流デジタルプラットフォームを通じたリアルタイムなCO2排出量の可視化についても、協業を進めていくとしている。

なお、今回の計算方法の画期的な点とは、「グローバル全域で海上・航空のみならず鉄道やトレーラーなど、複数の輸送モードを用いた複合一貫輸送を対象としていること」、「同一の輸送モードを使用しても、地域ごとに異なるCO2の排出量係数の差なども考慮して精度の高い算定を 可能としたこと」、「三井倉庫HD提供の本計算方法が、国際的な第三者機関である DNV社の妥当性評価も得ていること」としている。

今回のCO2排出量の計算は、三井倉庫HDが提供する物流のサステナビリティ支援サービスである「SustainaLink(サステナリンク)」の提供メニューの一つである国際輸送CO2排出量算定サービスを活用し、輸送モード・製品・輸送区間等ごとに、三井化学の保有する数万件に及ぶデータの分析を行った。

この排出量計算式は、国際輸送も包括する算定方法(GLEC frameworkに適合)に基づいたもので、日本で初めて2022年4月に第三者機関であるDNV社による妥当性評価を受けた。

三井倉庫HDは、輸送で発生するCO2排出量の把握を継続し、三井化学をはじめ、顧客のサプライチェーンにおけるCO2排出量削減効果の見える化、実際の削減に向けた具体的な物流ソリューションを提案していくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース