LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

国交省/トラック、バス等の自動運転に対応した基準を策定

2022年06月22日/IT・機器

国土交通省は6月22日、高速道路等における運行時に車両を車線内に保持する機能を有する自動運行装置に係る協定規則(第157号)の対象車種を大型車にまで拡大する改正が合意されたことから、国内の保安基準の詳細規定に導入するため、所要の法令等の整備を行うと発表した。

主な改正項目は、1.高速道路等における運行時に車両を車線内に保持する機能を有する自動運行装置の要件について、従来の乗用車等に加え、大型車等についても協定規則第157号の要件を適用する。2.前面ガラス等に投影される、運転者の認知を支援するための視界アシスタント情報について、運行中に表示してよいものを運転に関連する情報に限る等の明確化を行う。3.事故情報計測・記録装置について、記録すべき情報として衝突被害軽減ブレーキの作動状態等を追加する、となっている。

これは、今般、国際連合欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラム(WP29)において、「高速道路等における運行時に車両を車線内に保持する機能を有する自動運行装置に係る協定規則(第157号)」の改正が合意されたことによる。

合意では、対象車種が従来の乗用車等に加え、大型車等にまで拡大されたこと等を踏まえ、我が国においても、改正された協定規則を保安基準に反映させることなどを目的として、保安基準の詳細規定の改正等を行ったもの。

スケジュールは、公布が6月22日、施行も同じく6月22日。

■詳細な内容
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001486224.pdf

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース