LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ラピュタロボティクス/AMR利用料金が生産性に応じて変動

2022年06月22日/IT・機器

ラピュタロボティクスは6月22日、自律走行型協働搬送ロボット「ラピュタPA-AMR(Autonomous Mobile Robot)」の新規顧客を対象に、「費用対効果保証プログラム」の提供を開始した。

<「費用対効果保証プログラム」の概要>
20220622rapyuta 520x244 - ラピュタロボティクス/AMR利用料金が生産性に応じて変動

同プログラムは、通常は1台あたり月額10万円の利用料金が、AMR導入後の生産性に応じて変動する成果連動型の料金体系を採用している。

これにより、AMR導入後に期待した生産性を達成できなかった場合でも、支払金額が生産性に応じて下がることから費用対効果を担保しやすくなるため、AMRに興味があっても費用対効果を創出できるか確信が持てない顧客や、投資が失敗した場合のリスクを懸念して導入に踏み切れない顧客への導入障壁を下げることができる。

同プログラムの提供に対して、ラピュタロボティクスは「費用対効果保証を行うことは非常に挑戦的な取り組みだが、アスクルの倉庫で生産性を1.8倍に向上させる等、数々の現場での稼働実績を踏まえ、AMRをより多くの方々に届けたいという決意と自信をもって同プログラムを開始するに至った」と説明している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース