LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

横浜ゴム/氷雪性能重視型のトラック・バス用スタッドレス開発

2022年06月29日/SCM・経営

横浜ゴムは6月29日、氷雪性能重視型のトラック・バス用スタッドレスタイヤ「905W(キューマルゴダブリュー)」を今年9月から全国販売する。

<905W>
20220629yokohamagomu1 - 横浜ゴム/氷雪性能重視型のトラック・バス用スタッドレス開発

発売サイズは295/80R22.5~225/90R17.5の12サイズで、価格はオープンプライス。

「905W」は優れた氷雪上性能で定評があった「ZEN 903ZW」の後継品となる次世代トラック・バス用スタッドレスタイヤ。冬季路面での「効き」を徹底追求し、氷雪上性能をさらに向上させた。

また、「ZEN 903ZW」で好評だったロングライフ性能、低燃費性能を維持しており、経済性、環境対応にも配慮している。トレッドパターンでは氷雪上性能と耐摩耗性能を両立する「ワイドトレッドデザイン」を採用しながら、リブ溝とラグ溝を幅広化することで氷雪路面上での発進・加速性能を向上した。

<トレッドパターン採用技術>
20220629yokohamagomu2 520x334 - 横浜ゴム/氷雪性能重視型のトラック・バス用スタッドレス開発

氷雪上性能を追求するため「高密度サイプレイアウト」によりエッジ効果と吸水性を高めるとともに、ブロックの倒れ込みを抑制する3D形状の「ピラミッドサイプ」を採用。

20220629yokohamagomu3 520x336 - 横浜ゴム/氷雪性能重視型のトラック・バス用スタッドレス開発

また、石噛みによる損傷を防ぐ「新ストーンイジェクトグルーブ」や偏摩耗を抑制する「千鳥ブロックレイアウト」がロングライフ性能の維持に貢献している。
20220629yokohamagomu4 520x336 - 横浜ゴム/氷雪性能重視型のトラック・バス用スタッドレス開発

これらの独自技術を採用し、同社のタイヤテストコース「北海道タイヤテストセンター(TTCH)」における屋内氷盤試験場を活用した開発により、優れた氷上発進・加速性能を実現するとともに、氷上制動性能、雪上制動性能を従来品比でそれぞれ8%、5%向上した。

<性能比較データ>
20220629yokohamagomu5 520x453 - 横浜ゴム/氷雪性能重視型のトラック・バス用スタッドレス開発

トラック・バス用スタッドレスタイヤでは様々な地域や路面状況に合わせた開発を進めており、氷雪性能重視型の「905W」に加え、総合性能重視型の「904W」、耐摩耗・低燃費性能重視型の「902ZE」をラインアップしている。

<発売サイズ>
20220629yokohamagomu6 520x404 - 横浜ゴム/氷雪性能重視型のトラック・バス用スタッドレス開発

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース