LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





ロジスティード/住友ゴムとタイヤの空気圧・温度管理の実証実験開始

2024年07月04日/IT・機器

ロジスティードは7月から、住友ゴム工業とタイヤの空気圧・温度管理によるトラックの稼働率向上に向けた実証実験を開始した。

グループが保有する車両へ、住友ゴムのタイヤ空気圧や温度をモニタリングして異常を知らせる「タイヤ空気圧・温度管理サービス」を導入し、トラックの稼働率向上に向けた実証実験を開始したもの。

2024年4月より、改正労働基準法が運送業にも適用され、トラックドライバーの時間外労働制限が厳格化された。これに伴うトラック不足により、輸送力の低下などの社会的影響が懸念されている。こうした中、各輸送事業者には輸送の効率化やドライバーの安全確保など、さまざまな取り組みが求められている。車両故障による稼働停止を未然に防ぐ対策もその一つ。今回、住友ゴムが提供する「タイヤ空気圧・温度管理サービス」によって、タイヤトラブル予知による車両稼働率向上を目的に、点検業務の効率化、燃費向上およびタイヤ寿命に関する検証を行う。

<「タイヤ空気圧・温度管理サービス」とは>
20240704logisteed1 - ロジスティード/住友ゴムとタイヤの空気圧・温度管理の実証実験開始

この「タイヤ空気圧・温度管理サービス」とは、トラックに装着したタイヤ空気圧監視システム(TPMS)によって、タイヤ空気圧と温度をモニタリングする。走行時にタイヤに異常が生じた際には、ドライバーに通知され、車載用通信機からクラウドを通じて運行管理者にもメールで通知される。一般的なタイヤ空気圧点検では見つけることが難しいとされているスローパンクも早期発見することが可能だ。タイヤトラブルによる車両の稼働停止時間(ダウンタイム)を短縮するとともに、ドライバーと積荷の安全を守る。さらに適正な空気圧管理による燃費向上や、このシステムを活用した運行前点検の効率化にも寄与する。

実証実験の内容は、ロジスティードグループのトラックにTPMSを取り付け、各種データを取得する。

<実証実験の概要>
20240704logisteed2 - ロジスティード/住友ゴムとタイヤの空気圧・温度管理の実証実験開始

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース