LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





横浜ゴム/367億円投じ、中国浙江省に乗用車用タイヤの新工場建設

2024年07月01日/生産

横浜ゴムは約367億円を投じ、中国の浙江省・杭州市に乗用車用タイヤの新工場を建設する。

新工場建設は中国現地政府の都市再開発を目的とした移転要請に応じたもので、現地のタイヤ生産子会社である杭州優科豪馬輪胎の既存工場を移転し、同じ杭州市銭塘新区内に新工場を建設する。

今回の新工場建設は中国の浙江省・杭州市・銭塘新区政府が関わる重要な外資投資プロジェクトとなるため、新たに杭州銭塘優科豪馬輪胎を設立する。

新工場は2024年度から2026年度までの新中期経営計画「Yokohama Transformation 2026(YX2026)」(ヨコハマ・トランスフォーメーション・ニーゼロニーロク)のタイヤ消費財の成長戦略に掲げた「1年工場」の第一弾となる。新工場立ち上げにおいては、横浜ゴムが今まで培ってきたノウハウだけでなく、現地で実績のある協力企業のノウハウも取り入れることで低コスト・高効率生産を実現し、市場競争力の高い工場を1年で立ち上げることに挑戦する。

また、今回の移転を機に、中国市場での今後のさらなる需要増を確実に取り込むため、生産能力を300万本増強する。特に新車装着向けはEVなど新エネルギー車への納入を拡大し、市販向けはグローバルフラッグシップタイヤブランド「ADVAN(アドバン)」やSUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「GEOLANDAR(ジオランダー)」などの高付加価値品比率を上げるためにハイインチタイヤの生産能力を強化する。

また、この新工場建設に先立ち、杭州市政府の支援の下、同市内に所在する有力な新エネルギー車生産販売会社であるLEAPMOTOR社などとの戦略提携に調印した。今後も新エネルギー車への納入拡大を目指し、自動車メーカーとのさらなる関係強化を図る。

■杭州銭塘優科豪馬輪胎の概要
本社・工場所在地:浙江省杭州市銭塘新区
設立:2024年6月
出資比率:横浜ゴム100%
事業内容:乗用車用タイヤの生産
生産開始(予定):2026年第2四半期
生産能力:900万本/年(既存工場 600万本/年)

関連記事

生産に関する最新ニュース

最新ニュース