LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

花王/カインズと、循環型梱包材で折りたたみコンテナテスト導入

2022年07月06日/IT・機器

花王とカインズは7月6日、カインズと、製品の梱包材として繰り返し使用可能な折りたたみコンテナを、東京都内のカインズ1店舗でテスト導入したと発表した。

<循環型折りたたみコンテナ>
20220706kao 520x293 - 花王/カインズと、循環型梱包材で折りたたみコンテナテスト導入

両社協働で、折りたたみコンテナの活用による環境負荷低減と作業効率向上に向けた効果検証を実施。そこで得られた知見を活かし、折りたたみコンテナの導入店舗拡大を図るとともに、業界全体の取り組みへと発展させることをめざす。

これまで、販売店に製品を納入する際に製品を梱包する梱包材については、これまでは主に、リサイクル可能な段ボールが利用されてきたが、一方で、店舗での開封・廃棄作業の負担やリサイクル過程のCO2排出量といった面では課題もあった。

そこで、花王とカインズは協働し、繰り返し使用可能な折りたたみコンテナをテスト導入、それを回収・再利用する取り組みを開始。また、両社で「納品」「陳列」「販売」などさまざまな場面での折りたたみコンテナの効果検証を実施し、折りたたみコンテナを活用することの利点と課題を抽出。今後は、検証結果をもとに、まずは導入店舗の拡大を図るとともに、将来的には業界全体での循環型折りたたみコンテナの標準化をめざすもの。

■実証実験概要
目的:「循環型包装材」としての、 折りたたみコンテナ使用の効果検証
内容:製品輸送における品質担保、製造工場での取り扱い性、物流拠点での作業効率の確認、店舗課題の解決、販売への寄与、循環型折りたたみコンテナのしくみを検討。
検証期間:7月6日から12月31日
実施店舗:カインズ 南砂町SUNAMO店(実施店舗は、 以降拡大予定)
使用する折りたたみコンテナの数量:約1万梱/月

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース