LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ヤマト運輸と久原本家/共創ロジスティクスパートナーシップ協定

2022年07月06日/3PL・物流企業

ヤマト運輸と久原本家グループは7月6日、久原本家の原材料の調達から販売にいたるサプライチェーン全体の最適化に向けた共創ロジスティクスパートナーシップ協定を締結したと発表した。

<左から ヤマト運輸 長尾裕社長、久原本家グループ 河邉哲司社主>
20220706yamato1 520x347 - ヤマト運輸と久原本家/共創ロジスティクスパートナーシップ協定

<同協定において両社が目指す姿>
20220706yamato2 520x262 - ヤマト運輸と久原本家/共創ロジスティクスパートナーシップ協定

共創ロジスティクスパートナーシップ協定では、以下4点について合意した。1点目はチャネル・商品ごとで個別最適となっていたサプライチェーンを統合、福岡・北海道の両製造拠点から全国に向けた最適なサプライチェーンを構築する。

2点目は、全国の販売店舗や流通店舗、公式通販サイトで販売される商品、及び工場で使われる原料や資材1万点超の在庫を一元管理する。特に販売物流ではチャネル間の在庫を流動化させ、需要や状況に合わせた最適な輸送方法をTMS(Transport Management System)でコントロールし、必要分のみを各拠点・店舗へタイムリーに供給する物流体制を構築する。

3点目はヤマト運輸のミドルマイルネットワークを活用し、北海道・福岡の工場向け原材料調達の効率的なスキームを構築。4点目は持続可能性のあるオペレーションの実行と商品配送にかかるCO2排出量の削減。

両社は今後、久原本家の北海道工場稼働を機に、原材料調達スキームを段階的に導入。福岡・北海道の2つの製造拠点から全国に向けた全商品のサプライチェーン統合を順次進め、2024年度中には、同協定にて合意された調達領域を含めた全チャネルの全商品の最適なサプライチェーンの構築を目指す。

なお、久原本家は、1893年創業の醤油蔵を起源に持つ福岡県の総合食品メーカー。同県を拠点に全国の販売店舗や流通店舗、公式通販サイトで商品販売を展開している。創業200年を見据え、7月14日には原材料の調達元である北海道に新工場を開設、事業拡大による持続的な成長と持続可能な社会の両立の実現に向け、複数のサプライチェーンの統合と最適化を検討してきた。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース