LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

川崎汽船/AIRSEAS社の自動カイトシステム追加、技術開発契約も

2022年07月20日/IT・機器

川崎汽船は7月20日、AIRSEAS社が開発した自動カイトシステム“Seawing”のケープサイズバルカー2隻への搭載を既に決定しているが、このほど、ポストパナマックスバルカー3隻への搭載を前提に“Seawing”3機の追加購買契約を締結したと発表した。

<”Technical Cooperation Agreement”締結の様子 右よりAIRSEAS社 CEO Vincent Bernatets川崎汽船の新井 大介常務執行役員>
20220720kline 520x391 - 川崎汽船/AIRSEAS社の自動カイトシステム追加、技術開発契約も

搭載が決定しているケープサイズバルカー同様に20%以上のCO2排出量削減効果を見込んでおり、同社のGHG削減目標達成に向けた取組みの一環となる。なお、同社初号機は2022年12月にケープサイズバルカーへの搭載を予定している。

さらに、同社とAIRSEAS社は“Seawing”から得られる再生可能エネルギーをベースとした牽引力の有効利用を目的とした技術開発契約を締結した。具体的には同社の持つ運航技術並びに本船搭載の船舶運航・性能管理システム“K-IMS”とAIRSEAS社の持つ“Seawing”開発技術並びに運転データを融合させ、“Seawing”の性能を最大限に引き出すことを目的としている。

同社は“Seawing”をはじめとした様々な環境保全技術や次世代代替燃料等を積極的に導入していくことで、“K”LINE環境ビジョン2050に掲げた「2050年GHG排出ネットゼロ」達成に向け、持続可能な社会の実現と企業価値の向上を目指し、環境負荷低減に取り組んでいくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース