LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ダイワコーポレーション/創部5年で軟式野球部神奈川予選準優勝

2022年07月20日/CSR

ダイワコーポレーションは7月20日、大和スタジアム(神奈川県大和市 引地台公園内)で6月28日に行われた「天皇賜杯第77回全日本軟式野球大会ENEOS トーナメント神奈川県予選兼第10回大和市長杯争奪軟式野球大会」に出場し、準優勝の成績を収めたと発表した。

<ダイワコーポレーション軟式野球部>
20220720daiwacorp 520x342 - ダイワコーポレーション/創部5年で軟式野球部神奈川予選準優勝

ダイワコーポレーション軟式野球部は、職場の活性化ならびに福利厚生の一環として2017年に創部。元プロ野球選手や学生時代に白球を追いかけた社員を中心に活動しており、天皇杯や国体への出場を目指している。

同社では体育会学生の積極採用を行っているが、2020年にSNS アカウントや野球部サイトを開設後は採用活動にさらに好影響を与えており、今年度も新入社員3名が入部した。

野球部員は普段フルタイムで営業活動や倉庫拠点で倉庫管理の業務に励んでおり、練習は平日の仕事終わりや土日と決して多くはない。ダイワコーポレーションの社員として、仕事と野球どちらも高みを目指すという想いで活動しており、野球部のスローガン「限界に挑め。」にもその決意が表れている。

川崎代表として出場した6月28日の決勝戦では、湘南信用金庫(横須賀代表)と対戦。新入社員が先発投手を務め、6回2失点と粘りのピッチングを見せた。得点のチャンスはあったもののあと一本が出ず、2-0で敗れ、準優勝となった。

優勝は叶わなかったが、来年の県予選の出場権を獲得することができた。創部5年にして全国大会出場が目前に広がったことで野球部の士気は高まっているという。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース