LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本郵船/日本初、船舶でバイオ燃料を専焼利用

2022年07月27日/3PL・物流企業

日本郵船は7月27日、グループ会社の新日本海洋社が運航するタグボート「千倉丸」で、伊藤忠エネクスから舶用バイオディーゼル燃料の供給を受け、試験航行を開始したと発表した。船舶でバイオディーゼル燃料を100%専焼する事例は今回が初めて。

<タグボート「千倉丸」>
20220727nyk 520x392 - 日本郵船/日本初、船舶でバイオ燃料を専焼利用

<補油の様子>
20220727nyk1 520x390 - 日本郵船/日本初、船舶でバイオ燃料を専焼利用

今回供給されるバイオ燃料は、伊藤忠商事が世界最大級のリニューアブル燃料メーカーであるフィンランドのNeste OYJ(ネステ オーイーユィ)グループとの間で 日本国内向け輸入契約を締結している「Neste Renewable Diesel(ネステ リニューアブル ディーゼル)」というリニューアブル燃料100%の製品で、ライフサイクルアセスメントベースでのGHG排出量を、石油由来軽油比約90%削減することができる。

バイオ燃料は、再生可能な生物由来の有機性資源(バイオマス)を原料にする燃料で、バイオ燃料を燃焼させる際のCO2排出量が実質ゼロとみなされる。

Neste Renewable Dieselは、エンジンをはじめとする既存のインフラを改造せずにガソリンやディーゼル油と同じように使用可能。脱炭素施策に係る導入コストを最小限に抑え、GHG排出削減にも大きく寄与する次世代リニューアブル燃料として、今後の船舶分野でのさらなる利用拡大が期待されている。

■タグボート「千倉丸」概要
全長:36.20m
全幅:9.80m
型深さ:4.40m
総トン数:235トン

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース