LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

SGHD/4~6月の売上高11.3%増、営業利益15.1%増

2022年07月29日/決算

SGHDが7月29日に発表した2023年3月期第1四半期決算によると、売上高3869億3800万円(前年同期比11.3%増)、営業利益332億8000万円(15.1%増)、経常利益357億7100万円(20.8%増)、親会社に帰属する当期利益234億3600万円(13.5%増)となった。

同社グループの中核事業であるデリバリー事業においては、売上高2584億9800万円(1.6%増)、営業利益は219億3900万円(8.5%増)となった。

同事業では経済社会活動の制限緩和やEC市場規模の拡大等を背景に、BtoB・BtoCの荷物はともに堅調に推移した。一方で、平均単価は適正運賃収受の取組みは継続しているものの、大型荷物の取扱いが減少した影響がより大きかったことで、わずかに低下した。

また、脱炭素をはじめとした社会・環境課題解決に向けたサービスや、宅配便以外の付加価値を提供するソリューション「TMS(Transportation Management System)」は、グループ横断の先進的ロジスティクスプロジェクトチーム「GOAL(GO Advanced Logistics)」による提案営業の成果として、引き続き堅調に推移。さらに、各種デジタライゼーションの推進など、生産性向上の取組みも継続して行った。

ロジスティクス事業の売上高は1140億8500万円(48.0%増)、営業利益は83億3100万円(45.5%増)となった。同事業では海上・航空運賃ともに前第3四半期連結会計期間をピークに底堅い状況が継続。一方で、コンテナ不足等による需給ひっ迫の継続により仕入原価が上昇している。また、航空貨物の取扱量は、6月まで続いたアジア一部地域でのロックダウンの影響もあり軟調だったが、海上貨物は底堅く推移した。

通期は、売上高1兆6500億円(3.9%増)、営業利益1420億円(8.8%減)、経常利益1430億円(10.8%減)、親会社に帰属する当期利益1040億円(2.6%減)を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース