LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ヤマト運輸/量産型国産小型商用BEV トラック500台を導入

2022年07月29日/IT・機器

ヤマト運輸は7月29日、日野自動車が開発した超低床ウォークスルーの国産小型商用BEV トラック「日野デュトロ ZEV」を、8月10日から首都圏を中心に順次500台導入すると発表した。

<日野デュトロ ZEV>
20220729yamato 520x387 - ヤマト運輸/量産型国産小型商用BEV トラック500台を導入

量産型国産小型商用BEV トラック導入は国内で初めてという。

ヤマト運輸は、7月27日にはCJPT社と共同で、電動車普及に向けてカートリッジ式バッテリーの規格化・実用化の検討開始を発表するなど、カーボンニュートラル社会実現のために積極的な取り組みを進めている。

このほど、2021年11月から日野自動車と共同で、超低床ウォークスルーの小型商用BEV トラック「日野デュトロ ZEV」を用いた集配業務の実証実験で、温室効果ガス排出量の削減効果や、集配業務における効率性・実用性について検証し、効果を確認できたもの。

検証結果を踏まえ、小型商用BEV トラックを今後順次導入するとしている。

なお、ヤマトグループは、2050年温室効果ガス排出実質ゼロおよび 2030年温室効果ガス排出量48%削減(2020年度比)実現に向けて各取り組みを進めており、その主要施策の一つとして、2030年までにEV2万台の導入目標を掲げている。

■概要
導入台数:500台
導入開始時期:2022年8月10 日から順次導入開始
導入エリア: 全国(首都圏である関東・中部・関西エリア中心)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース