LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

セイノーHD等/札幌市東川町でドローン利用の新スマート物流開始

2022年08月23日/SCM・経営

北海道札幌市東川町と、セイノーホールディングス(HD)、電通北海道、エアロネクストは8月23日、オフィシャルパートナー協定を締結したと発表した。

東川町が実施している「オフィシャルパートナー制度」は、関係企業とパートナーシップを構築し、地方や日本、そして世界の未来を育む社会価値の共創を目指すもの。同協定において、東川町と各社がパートナーシップを構築し、双方が互いの資源や特色を活かした事業に取り組むなど新たな社会価値を共創する事業を推進し、多様な連携を通じて、地域の活性化に寄与することを目的としている。

<左からエアロネクスト 田路圭輔 CEO、 セイノーHD 河合秀治 執行役員、東川町 松岡市郎町長、 電通北海道 沖津充男 社長執行役員>
20220823seino1 520x390 - セイノーHD等/札幌市東川町でドローン利用の新スマート物流開始

<実証実験に使用する物流専用ドローン「AirTruck」>
20220823seino2 520x432 - セイノーHD等/札幌市東川町でドローン利用の新スマート物流開始

オフィシャルパートナー協定締結による第一弾の取り組みとして、両者は8月29日・30日に物流用ドローンを活用した「買い物困難者問題」解決に向けた実証実験を行う。同実験では、セイノーHD、電通北海道、電通、エアロネクストが推進する地域の物流ラストワンマイル問題をドローン配送と陸上配送をハイブリッドで活用することで解決する「新スマート物流」の技術を活用する。

東川町は、今年3月22日に開催された「デジタル田園都市国家構想を実現する新スマート物流シンポジウム」を、地域課題の解決のため新スマート物流の推進に取り組む北海道上士幌町、山梨県小菅村、茨城県境町、福井県敦賀市と共に主催。またその場で発足が発表され、5月16日に発足した新スマート物流推進協議会で、松岡市郎東川町長は理事を務めている。

実験場所は、東川町内の流通店舗、道の駅、飲食店舗及び各地区コミュニティセンター、町民個宅。1.買い物商品配送サービス、2.取り置き商品配送サービス、3.フードデリバリーサービスの3つについて実施する。使用する「AirTruck」は、エアロネクストがACSLと共同開発した日本発の量産型物流専用ドローン。荷物を機体の理想重心付近に最適配置し、荷物水平と上入れ下置きの機構で、物流に最適なユーザビリティ、一方向前進特化・長距離飛行に必要な空力特性を備えている。

なお、セイノーHDは、エアロネクスト社と新スマート物流「SkyHub」を山梨県小菅村に続き、北海道では上士幌町で今年度中の実装に向け展開している。東川町においてもオフィシャルパートナーシップ協定を締結することで相互連携し、物流目線で東川町の活性化に取組んでいくとしている。

■連携協定の概要
締結日:8月23日
協定の連携事項
1.両者が連携した社会価値を創造する取組みに関すること
2.両者の発展に関する情報交換及び連携に関すること
3.各企業社員のライフスタイルを育む活動に関すること
4.「写真の町」ひがしかわ株主制度及び企業版ふるさと納税制度の活用に関すること
5.協定の目的を達成するために必要な事項

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース