LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱ふそう/電気小型トラック次世代モデルを発表、来春発売予定

2022年09月07日/IT・機器

三菱ふそうトラック・バスは9月7日、フルモデルチェンジした電気小型トラック「eCanter」次世代モデルを発表した。

<「eCanter」次世代モデル>
20220907fuso1 520x440 - 三菱ふそう/電気小型トラック次世代モデルを発表、来春発売予定

同社が2017年に国内初の量産型電気小型トラックとして発売した「eCanter」は、排出ガスを一切出さず、騒音や振動も少ないため、CO2ゼロの輸送を実現する車両として日本、欧州各国、北米、オーストラリアやニュージーランドで多様な用途で活用されている。この5年の運用経験に基づき、「eCanter」次世代モデルは車両ラインアップを大幅に拡充することで、より多くの物流ニーズに対応し、カーボンニュートラル輸送の実現を加速するソリューションとして大きな進化を遂げた。

<「eCanter」次世代モデルの特長>
20220907fuso2 520x365 - 三菱ふそう/電気小型トラック次世代モデルを発表、来春発売予定

次世代モデルは、モーターを後軸に統合したeアクスルを新たに採用しドライブトレインをコンパクトな構造にすることで、シャシラインアップの大幅な拡充を実現。国内市場向けモデルは28型式、海外市場モデルは約80型式のシャシラインアップを展開し、より幅広い物流ニーズに対応する。

また、現行モデルの車両総重量(GVW)7.5トンクラスに加え、国内モデルでは最小5トンから最大8トンクラスまで、海外モデルでは4トンクラスから8トンクラスまでのバリエーションを展開。キャブバリエーションも拡充し、小回りのきく標準幅キャブ(1700mm)から、より多くの荷箱容積が確保可能な拡幅キャブ(2130mm)を新たに追加した。ホイールベースも最小で2500mmから、最大で4750mmまで展開する。

さらに、ホイールベースに応じてバッテリーを1個から最大3個まで搭載可能なモジュール方式を採用し、定格容量41kWhのバッテリー1個を搭載した車両は約80km、バッテリー2個搭載の車両は約140km、バッテリー3個搭載の車両は約200kmと航続距離の延長を実現。災害時に車載バッテリーから専用機器を介して住宅などへの外部給電を行うV2X機能も、次世代モデルで新規搭載した。

<アクティブ・サイドガード・アシスト1.0搭載>
20220907fuso3 520x331 - 三菱ふそう/電気小型トラック次世代モデルを発表、来春発売予定

このほか、先進安全装置についてもFUSOの小型トラックでは初となる、被害軽減ブレーキ機能を有する巻き込み防止機能「アクティブ・サイドガード・アシスト1.0」を新規搭載。運転時の死角になりやすい車両の左側を監視し、左折巻き込み事故のリスクを低減し、衝突時の被害を軽減するなど安全性能を大幅に拡充している。

<アクティブ・アテンション・アシスト」>
20220907fuso4 520x368 - 三菱ふそう/電気小型トラック次世代モデルを発表、来春発売予定

また、運転注意力の低下を白線認識カメラや各種センサー、顔認識カメラを通じて認識するドライバー注意監視システム「アクティブ・アテンション・アシスト」も新たに搭載。これは運転注意力の低下をブザーやフル液晶メーターへの表示で警告するもの。

<「eCanter」次世代モデル・インテリア>
20220907fuso5 520x284 - 三菱ふそう/電気小型トラック次世代モデルを発表、来春発売予定

内外装も次世代電気トラックにふさわしいデザインに一新。高さを抑え、広々した空間を提供する新形状のダッシュボード、ユーザーの使い勝手を向上させた乗降グリップのほか、ステアリングスイッチと連動した10インチのフル液晶メーターを新たに搭載した。

日本国内向けの「eCanter」次世代モデルは、2023年春に発売予定。また、海外市場向けモデルも順次展開していく。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース