LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

郵船ロジスティクス/自社混載、バングラデシュへ海上貨物輸送

2022年10月04日/3PL・物流企業

郵船ロジスティクスは10月4日、バングラデシュ・チッタゴン港発東京・神戸港向けに自社混載によるダイレクト海上貨物輸送サービスの提供を10月から開始すると発表した。

従来、バングラデシュ発 LCL(混載貨物)サービスは、CO-LOADによるシンガポール港やマレーシア・ポートケラン港からのリコンソリデーションが主流だったが、貨物紛失やダメージなどの恐れがあるほか、スケジュールの把握が困難であるという問題を抱えていた。

そこで、同社はアパレル貨物を中心とする輸送需要の高まりを受け、自社混載によるバングラデシュ発日本向けのダイレクト海上貨物輸送サービスの提供を開始するもの。

この自社混載でのサービスによって、船社のトラッキングシステムからスケジュールを確認できるようになる。また、経由地におけるリコンソリデーションはなく、コンテナごとに積み替えを行うため、盗難やダメージなどのリスク低減につながるほか、リードタイムを大幅に短縮することができる。

さらに、当サービスにおいては港湾地区特有のCFSではなく、チッタゴン港に隣接した同社契約倉庫をCFSとして使用。この倉庫には顧客の大切な貨物を24時間監視するCCTVカメラが90台以上設置されているほか、併設された同社事務所に専任スタッフが常駐することで品質強化を図り、より高品質なサービスを提供する。

なお、チッタゴン港~シンガポール・ポートケラン港間はフィーダー輸送(主要港から大型船が寄港できない地方港へ、小型船での2次輸送及び内陸部へのトレーラーによる2次輸送のこと)となる。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース