LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

GROUND/新しい事業価値創出へ、ウイルテックと戦略的業務提携

2022年10月19日/SCM・経営

GROUNDは10月19日、製造派遣・製造請負サービスで日本のさまざまなメーカーをサポートするウイルテックと戦略的業務提携契約を締結したと発表した。

両社の専門的なノウハウ、リソースおよびソリューションなどを共有することにより、新しい事業価値創出を目指す。

<左から、GROUND 宮田啓友 代表取締役社長 CEO、ウイルテック 宮城力 代表取締役社長執行役員>
20221019ground1 520x331 - GROUND/新しい事業価値創出へ、ウイルテックと戦略的業務提携

GROUNDは、自社開発した倉庫実行システム(Warehouse Execution System)であるクラウド型パッケージシステム「GWES」を中心に、ロボットやAIなどの先端技術を活用した物流ソリューションの企画・開発・提供を通して、次世代型物流施設「Hyper Warehouse」のインテグレーターを目指している。

一方、ウイルテックは、設立以来、「モノづくりを支援する会社」として製造派遣・製造請負サービスを基幹事業とし、「人財=技術力」で多くのメーカーの製造現場を多面的にサポートしている。

<GROUNDとウイルテックが業務提携>
20221019ground2 520x90 - GROUND/新しい事業価値創出へ、ウイルテックと戦略的業務提携

本業務提携では、1.営業連携と相互送客による両社の顧客基盤の拡大と2.自律型協働ロボット「PEER」および Standard Robots 社製ロボットソリューションの導入・運用・保守サービスの品質向上と体制強化、3.ロボットソリューション関連施設・事業拠点の共有に取り組む。

<(左)GROUNDのR&Dセンター「playGROUND」、ウイルテックの「プロジェクトデザインセンター」>
20221019ground3 520x173 - GROUND/新しい事業価値創出へ、ウイルテックと戦略的業務提携

このうち、3.ロボットソリューション関連施設・事業拠点の共有では、GROUNDのR&D センター「playGROUND」およびウイルテックが今年10月3日に新設したロボットソリューション施設「プロジェクトデザインセンター」などの事業拠点(東京・大阪)を共有し、両社の潜在顧客に対してロボットのデモンストレーションの実施や、次世代型物流に関する各種セミナーを企画・開催し、両社のソリューションやサービスの認知度向上と積極的な営業機会の創出を図るとしている。

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース