LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

キリンGL/若手社員が思い描く2050年の姿、ワークショップ開催

2022年11月15日/CSR

キリングループロジスティクスは11月15日、2050年までの超長期における人口動態変化、自動化・ロボティクスの大幅な浸透や物流リソースの共有化をトリガーに外部環境のさらなる大変化を見据えて、2050年のありたい姿を思い描く「キリングループロジスティクスの未来を思い描くワークショップ」を9~12月までの期間で実施している。

<ワークショップの様子>
20221115kirin 520x293 - キリンGL/若手社員が思い描く2050年の姿、ワークショップ開催

20221115kirin1 520x390 - キリンGL/若手社員が思い描く2050年の姿、ワークショップ開催

ワークショップでは、超長期のメガトレンド・物流環境・キードライバーを捉えて、2050年に同社の提供する物流サービスがキリングループの強みであるだけでなく、業界の物流を大手ではなく特別な存在感を持ってリードする存在であり続けるためにどうなっていたいかを思い描くことで、未来の環境変化に合わせた同社の変革、長期的視野での対話の活性化を図る。

9月から月1回のペースで開催しており、12月に2050年のありたい姿からバックキャストした2030年のありたい姿、直近の取り組むべき重点課題を経営陣に提言発表する予定。

参加メンバーは全国の事業所から自らエントリーした20~30代の社員25名が5つのチームで未来の自分たちが主役として働いているシーンをイメージし取り組んでおり、あわせて将来の会社を支える若手従業員の育成の一環と位置付けている。

■開催概要
日時:<1回目>9月15日
<2回目>10月14日
<3回目>11月4日
<4回目>12月23日
場所:中野本社
内容:(1)2050年の未来環境と業界・KGLの影響の整理
(2)自身がワクワクする 2050 年・2030 年のありたい姿を思い描くこと
(3)ありたい姿の実現に向けた課題・新たな取組みの検討

関連記事

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース