LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

プロロジス/物流施設内業務技能教育訓練プログラムを日本初開講

2022年11月29日/物流施設

PR記事

プロロジスは11月29日、プロロジス・グループのプロロジス財団が、日本において初となる「コミュニティ・ワークフォース・イニシアティブ(CWI)」を開講したと発表した。

<フォークリフト運転技能講習を無償提供>
20221129prologis 520x342 - プロロジス/物流施設内業務技能教育訓練プログラムを日本初開講

CWIプログラムの第一弾として、プロロジス財団が、フォークリフト教習事業に豊富な経験を有するジャパンクリエイトと提携し、フォークリフト運転技能講習を無償提供する。対象となるのは、関東及び関西のプロロジスパーク7施設で就労しており、カスタマー企業より推薦を受けた人としている。本プログラムへの参加により、対象者のスキルアップを図ることを目的としている。

物流施設内の入庫・出荷作業において、求められるスキルはいくつもあるが、なかでもフォークリフトの運転資格は、取得することで物流施設での活躍の場を広げることができる。フォークリフト資格者が習熟度を向上させることで現場運営の効率化が進むが、一方では、技能者の世代交代も課題となっている。プロロジス、ならびにプロロジス財団は、このプログラムを通じて、カスタマーの課題解決に寄与するとともに、業界・社会への貢献をめざして活動していく。

なお、プロロジスCWIは、優秀な人材の確保・雇用継続が困難になりつつある物流業界の課題を受けて、2018年に米国本社で開始した取り組みであり、求職者にトレーニングと就職支援を提供する。米国の労働力・教育システムの変革を推進する非営利組織 JFF(Jobs for the Future)とともに立ち上げたオンラインの教育訓練プログラムは、労働者に不可欠なスキルや、配送・物流業界におけるベストプラクティスについて教育を行う。

CWIは就職支援のため、地域のワークフォース・デベロップメント・ボード(労働力発展開発委員会)や就労支援プログラムとも連携し、求職者が雇用機会やキャリアガイダンス、就労支援を受けられるようサポートしている。プロロジスCWIは、「2025年までに(全米で)2万5000 人のトレーニングを実施する」という目標を掲げ、ダラス(テキサス州)、トレイシー(カリフォルニア州)、ロングビーチ(カリフォルニア州)、シカゴ(イリノイ州)、ラスベガス(ネバダ州)、アトランタ(ジョージア州)など17都市において、運輸・配送・物流分野のトレーニングを1万4000人以上に提供している(2022年10月末日時点)。また、英国やメキシコ等、グローバルでも実施しているプログラムだ。

プロロジス・グループは日本においても、早稲田大学大学院経営管理研究科における寄附講座(2006年~)や、少人数・双方向のコミュニケーションで進められる「プロロジスアカデミー」(2019年~)の提供を通じて、物流業界のリーダーとなる人材の育成に取り組んでいる。今般、日本の物流業界における人材育成にさらに貢献すべく、プロロジス財団による日本版CWIの第一歩となる本研修プログラムを企画し、試験実施から進めることとなった。

プロロジス、ならびにプロロジス財団は、このプログラムを足掛かりに、将来的な外部企業・団体とのパートナーシップやCWIのさらなる発展も見据えている。省人化・自動化の進むなか、庫内業務において求められるスキルは変容していく。日本の物流業界における労働力の拡充・就労者のスキルアップに取り組むことで、プロロジス・グループだからこそ成せる社会課題の解決を目指している。

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース