LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

アスコット/福岡県小郡市に1.2万m2の物流施設開発用地を取得

2022年11月29日/物流施設

PR記事

アスコットは11月29日、 2021年に新規参入した物流施設開発事業の第3号案件となる用地を、SPC(特定目的会社)を通じて、 福岡県小郡市で取得したと発表した。

<小郡ロジスティックスセンター(仮称)外観イメージ>
20221129ascot1 520x357 - アスコット/福岡県小郡市に1.2万m2の物流施設開発用地を取得

<大分自動車道 筑後小郡IC 至近の優良地、福岡市内へも車移動で約30分>
20221129ascot2 520x266 - アスコット/福岡県小郡市に1.2万m2の物流施設開発用地を取得

アスコットとして初めての九州地方での物流施設開発となる。この施設の着工は2023年春、竣工は2024年春の予定。

アセットマネジメント業務を行うのはCBRE、ボルテックス投資顧問、プロパティマネジメント業務はCBREが受託する予定。優先出資者はボルテックス、日本国土開発、およびアスコット。

小郡市は、九州最大の都市である福岡市の約30km南に位置し、九州各県のICまで車で約3時間の距離に位置する九州における交通の要衝。計画地は、九州北部を横断する大分自動車道「筑後小郡IC」まで約0.5km(車で約1分)と隣接し、大分自動車道、九州自動車道、長崎自動車道が交わる「鳥栖JCT」まで約5.7km(高速道路で約6分)と好立地にあり、九州全域への配送を担う物流拠点として機能することが見込まれる。

また、「福岡IC」まで約32.6km(高速道路で約30分)、「福岡空港」まで約31.1km(高速道路で約32分)、「博多港」まで約36.5km(高速道路で約35分)と陸・海・空のいずれにおいても利便性が高いため、幅広い物流ニーズに応えることが可能。

さらに、人口30万人都市の久留米市からも通勤圏内であり、最寄り駅の甘木鉄道甘木線「今隈」駅徒歩5分に位置することから、スムーズな雇用人材の確保が期待できるとともに、本施設誕生にともなう地域雇用の活性化も見込まれる。

■概要
名称:小郡ロジスティクスセンター(仮称)
建設地:福岡県小郡市山隈字柳、向浦、上岩田字杉山
交通:甘木鉄道甘木線「今隈」駅徒歩5分
「筑後小郡IC」約500m (車で約1分)、鳥栖JCT」約5.7km(高速道路で約6分)、「鳥栖IC」約6.9km (高速道路で約8分)、「福岡IC」約32.6km (高速道路で約30分)、「福岡空港」約31.1km (高速道路で約32分)、「博多港」約36.5km (高速道路で約35分)
敷地面積:約1万2167m2(約3680坪)
建物用途:倉庫(倉庫業を営む倉庫)
構造種別・階数:鉄骨造・地上3階建
建築面積(予定):約7004m2(約2118坪)
延床面積(予定):約1万9814m2(約5993坪)
竣工(予定):2024年春
施工:大和ハウス工業

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース