LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

キネクト/トラック荷台を「走る広告媒体」に、新サービス開始

2022年12月07日/SCM・経営

PR記事

キネクトは12月7日、街を走るトラックの荷台を広告媒体とした新しい宣伝・告知サービス「SIGN&TRUCK(サイントラック)」を、同月15日から開始すると発表した。

<SIGN&TRUCK(サイントラック)サービス開始>
20221207kinekuto2 520x282 - キネクト/トラック荷台を「走る広告媒体」に、新サービス開始

同サービスは、「街を走る広告 生活空間に、新しいアイキャッチを」をコンセプトにした、街を走る輸送用トラックの荷台を広告媒体として商品やサービスの訴求をする宣伝・告知サービス。同社は現在、関東の運送企業パートナーと提携し、トラックの走行エリアは関東を中心に全国に展開している。幅広いニーズに対応できるメディアとして、随時、日本全国の運送企業パートナーとの連携を進めていく。

■サービスイメージ動画

同社によると、「これまで輸送トラックを利用した広告は皆無に等しく、わずかに活用された例を見ても運送会社ごと単体での展開が主となっていたが、自動車を利用した広告効果については広告宣伝車(アドトラック)や、バスのラッピング等で実証されているように、そのインパクトから高い認知率と広告効果を見込める」という。

また、貨物の輸送を目的とした自動車に広告を掲出するため、新たな交通渋滞や排気ガス、音を発生することがなく、広告宣伝車の問題点を解決した「人や環境にやさしい広告」として、商品・サービスの認知だけではなく、ブランディングの向上も期待できるとしている。

<トラックの荷台が広告に(イメージ)>
20221207kinekuto1 520x323 - キネクト/トラック荷台を「走る広告媒体」に、新サービス開始

同社は「サイントラック」において、日本各地の運送企業の協力を得ることで、広告を出したい企業へ最適な車両を提案し、デザインの制作から行政への申請、車両の管理までワンストップでトラック広告の運用・管理を行う。今後、出稿する企業の広告宣伝活動への貢献と、広告を載せる運送企業の経営の安定と成長、そして街の活性化の一助となることを目指して活動していくとしている。

■サイントラック詳細ページ
https://sign-truck.kinect.co.jp

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース