LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

国交省/日本貨物航空に厳重注意、整備士が不適切行為

2022年12月23日/SCM・経営

PR記事

国土交通省 航空局は12月23日、日本貨物航空(NCA)で整備士に不適切な行為が認められたことから、同社に対して同日付で厳重注意を行い、必要な再発防止策を検討の上、2023年1月16日までに報告するよう指示したと発表した。

2022年9月23日、NCAに所属する運航乗務員から「ボーイング747-8F型機(JA12KZ)の第4エンジンの逆推力装置操作レバーが最大出力位置にならない」との報告を受け、同社が実施した不具合探求で第4エンジン推力操作レバーのカバーを取り付けるネジ1本に航空機と装備品等の設計製造者による技術基準に基づかない異なる部品番号のネジが装着され、同ネジの長さが正規のネジより長く、その先端が逆推力装置操作レバーの内部機構と接触し、最大出力位置まで引き上げられないことが判明し、9月28日に同社から航空局へ報告が行われた。

また、その後の調査の結果、8月30日に同社所属の確認主任者によって、逆推力装置の不具合探求と関係のない、他の修復作業(前脚格納庫内の照明固定用ネジ交換)を実施するために払い出させたネジを推力操作レバーのカバーに装着したこと、また、当該他の修復作業を実施していないにも関わらず、同社所属の認定作業者に整備記録を作成させたことが追加で判明した。

これらの行為は、航空法に基づき認可を受けた同社の整備規程と業務規程(整備の実施方法、整備の記録、報告)に違反するものであった。

国土交通省航空局は、同社での再発防止が確実に図られ、安全運航のための体制が維持されるよう、引き続き厳格に指導監督を行っていくとしている。

■日本貨物航空に対する厳重注意文書
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001580332.pdf

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース