LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

国交省/自動車運送事業者の指導等のマニュアル一部改正

2023年01月10日/3PL・物流企業

PR記事

国土交通省は1月6日、自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う一般的な指導及び監督の実施マニュアルの一部改正について発表した。

これまで、自動車運送事業者が行う運転者に対する指導及び監督の実施方法をわかりやすく示した「自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う一般的な指導及び監督の実施マニュアル(「以下「指導・監督マニュアル」)」を作成し、公表しているが、一部が改正されたものだ。

これは、2022年8月に名古屋市の高速道路において乗合バスが、10月には静岡県の県道において観光バスがそれぞれ横転し、乗客が亡くなる痛ましい事故が発生したことを踏まえ、同様の事故を防止するため、トラック事業者においても、危険箇所の情報を踏まえた運転指導をするようこと等、改正されたもの。

<坂道での適切な運転操作>
20230110kokkosyo 520x170 - 国交省/自動車運送事業者の指導等のマニュアル一部改正

改正概要は、まず、「坂道での適切な運転操作(バス、タクシー、トラック)」だ。長い下り坂においてフットブレーキを使い過ぎると、ブレーキが効かなくなる可能性があるため、エンジンブレーキや排気ブレーキを使用すること、としている。

2点目に、「危険箇所の情報を踏まえた運転指導(バス、タクシー、トラック)」だ。都道府県警が公表している「交通事故発生マップ」等の活用等により、事故の危険性が高い箇所を把握し、当該箇所における適切な運転操作をするよう指導すること。

3点目に、乗客のシートベルト着用の目視での確認(貸切バス)。乗客がシートベルトを着用していることを、発車前に運転者又は添乗員が目視で確認すること。

4点目に、非常口や非常停止ボタンの使い方の周知 (バス)。事故時等の非常時に備え、乗客に対し、非常口や非常停止ボタンの設置位置や使い方・非常停止時のバスの挙動等に係る案内を行うこと、としている。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース