LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





太平洋工業/輸送品質の確保で新外付けセンサモデル発売

2024年01月10日/IT・機器

PR記事

太平洋工業は1月9日、輸送/保管時の環境をリアルタイムに確認可能なシステム「e-WAVES」のラインナップとして「LTE Lite」を新たに発表した。

<e-WAVES LTE Lite>
20240110taiheiyou1 - 太平洋工業/輸送品質の確保で新外付けセンサモデル発売

<e-WAVESシステム概要>
20240110taiheiyou2 - 太平洋工業/輸送品質の確保で新外付けセンサモデル発売

「e-WAVES」のこれまでのモデルでは、輸送・保管時の温度管理だけでなく、湿度、位置、照度、気圧、衝撃の最大6項目を同時に計測可能なハイスペックタイプであったのに対し、今月から販売する「LTE Lite」は、システム概要は同じで計測項目を温度、位置に絞ったエントリーモデルであり、低価格で手軽に導入しやすい機種となっている。

「LTE Lite」は、外付けセンサケーブルの測定可能温度範囲は-80℃~80℃で、ドライアイス温度帯にも対応し、厳密な温度管理が必要な対象物の輸送/保管時のモニタリングに最適。また、医薬品メーカーから要求されるセキュリティ基準を満たす信頼性の高いWEBシステムを用いてリアルタイムにデータ確認、レポート出力できる機能や、閾値(しきいち)逸脱時のアラート機能もこれまでのハイスペックモデルから引き継いでおり、利用が可能。

オプションとして、本体に貼付したQRコードを読み取り、最新の計測温度、閾値逸脱の異常の有無をスマートフォン、タブレット等の端末に表示可能。WEBシステムにログインすることなく、荷物の受け渡しの際に輸送時の温度状態の証明として利用できる。

昨今、医薬品輸送でのGDPや食品業界でのHACCPへの適合など、輸送品質の確保や管理の効率化が求められており、それらの分野での採用を目指している。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース