LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





キョクレイ/西日本初となる神戸六甲物流センターが稼働

2024年01月12日/物流施設

PR記事

ニチレイロジグループのキョクレイは1月12日、兵庫県に「神戸六甲物流センター」を同月15日から稼動すると発表した。同社として西日本で初の進出となる。

<神戸六甲物流センター外観>
0112nitirei1 520x346 - キョクレイ/西日本初となる神戸六甲物流センターが稼働

同施設は設備能力2万7691トン、豊富なFC級兼用庫腹や検品室・解凍室を保有し、きめ細やかな温度管理やニーズに合わせた総合物流サービスを提供する冷蔵倉庫。

タブレットの利用拡大やウェアラブルカメラの活用などによるデジタル化、水平搬送ラックやRPAによる自動化などを通じて、高効率な現場・事務作業運営を実現する。

<庫内>
0112nitirei2 520x339 - キョクレイ/西日本初となる神戸六甲物流センターが稼働

<解凍室>
0112nitirei3 520x339 - キョクレイ/西日本初となる神戸六甲物流センターが稼働

同センターの稼働により、同社が得意とする果汁・乳製品について、東西在庫分散によるBCPへの対策が可能となる。

また、ニチレイロジグループの次世代輸配送システム「SULS」を活用した幹線輸送サービス「キョクレイライナー便」や、西日本エリアへの域内配送スキームを構築し「運べなくなるリスク」に対応していく考え。

さらに新たな試みとして、冷凍機からの排熱を解凍室の温度調整に再利用する設計とした。脱炭素型自然冷媒(NH3/CO2)冷凍機を導入するとともに、太陽光発電システムを設置し、環境配慮にも取り組む。

ニチレイロジグループは新たな拠点を加えた物流ネットワークにより、今後も顧客の幅広いニーズに応え、付加価値の高い物流サービスの安定提供に努めていくとしている。

■施設概要
所在地:兵庫県神戸市東灘区向洋町西6丁目13-4
設備能力:2万7691トン(F級冷蔵庫 1万429トン、FC級兼用 6361トン、C級1万901トン)
構造:構造4階建 基礎免震構造(冷蔵倉庫部分)
接車バース:12基
設備機能:最先端セキュリティシステム、顔認証システム、カード式入退館システム、トラックバース予約システム、水平搬送ラック、プッシュバックラック、ドライブインラック、検品室、解凍室

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース