LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





商船三井/オープンハッチ船の世界最大手・ギアバルク社を子会社化

2024年06月25日/SCM・経営

商船三井は6月25日開催の取締役会で、持分法適用関連会社であるGearbulk Holding AG(ギアバルク社)」を子会社とすることを決議した。

事業再編した上、2025年1月頃を目途に商船三井がその株式の72%相当を取得し連結子会社化する。

Gearbulk社はスイスに本社を置き、60隻の船隊を持つ「オープンハッチ船」の 世界最大手。パルプや鋼材などの半製品を輸送貨物の柱に、小口の貨物やプロジェクト貨物との相積みにより成長してきた。

こうした実績と高品質な輸送ノウハウが商船三井の事業に加わることで、幅広い船種による多様な輸送サービス提供が可能となる。

また、世界中のネットワークを活用し、営業基盤の拡充や新規事業の機会創出などのシナジーを生み出すとともに、コスト競争力の強化にもつながると期待している。

<オープンハッチ船>

0625syousenmitui - 商船三井/オープンハッチ船の世界最大手・ギアバルク社を子会社化

「オープンハッチ船」は箱型の船艙と船艙幅の広いハッチを持ち、パルプ、鋼材、アルミインゴットなどの半製品を効率的に輸送し、荷役することができる。また、ハッチやデッキ上に貨物を積載でき、風力発電関連資材等のプロジェクト貨物や重量物の輸送も可能。

なお、Gearbulk社の資本金の額は商船三井の資本金の額の100分の10以上に相当するため、同社は特定子会社に該当する。

今後、Gearbulk社の株主である Halberton Holding Ltd(Halberton社)との間で具体的な条件等について協議及び検討を進めていく。

■Gearbulk Holding AG 概要
本社所在地:スイス
事業内容:オープンハッチ船 船主および船舶管理、商船三井49%出資持分法適用関連会社
資本金:USD 2億2810万 (357億1133万6000円)
現行株主:商船三井 49%、Halberton Holding Ltd. (Kristian Jebsen氏投資会社 )51%

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース