LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





ダイワコーポレーション/大型物流施設「横浜鶴見営業所」9月開設

2024年06月26日/物流施設

ダイワコーポレーションは、国内物流倉庫30拠点目となるダイワコーポレーション「横浜鶴見営業所」を9月に開設する。

<ダイワコーポレーション「横浜鶴見営業所」(完成予想図)>
20240626daiwacorp - ダイワコーポレーション/大型物流施設「横浜鶴見営業所」9月開設

「横浜鶴見営業所」は地上4階建て・延床面積6万2515.2m2(1万8944坪)で 2023年6 月に着工し、2024年8月末に竣工予定の大型物流拠点。建設予定地は、横浜市中心部と川崎市中心部に隣接し、主要高速道路や最寄り駅、幹線道路へのアクセスに優れた絶好な土地の物流施設となる。

首都高速神奈川1号横羽線「汐入 IC」、「生麦 IC」よりそれぞれ 2km以内という非常に利便性のある場所に位置し、直線距離で羽田空港から 7km、川崎コンテナターミナルから 6.5km、東京湾から 14km、横浜港から 5.6kmと海上・空輸を利用した輸配送拠点として活用ができる。また、JR 鶴見線「鶴見小野駅」より徒歩約5分と通勤の利便性も高く、雇用確保に有利だ。

臨海部に位置する施設だが、高潮による浸水リスクが非常に低いエリアに立地していることに加え、高床式1階3階バースを採用しており、顧客の大切な商品がホコリや湿気などの影響を受けにくい構造としている。

施設屋上には太陽光パネルが設置され、断熱性の高い外壁を擁するなど、環境へ配慮した建築物となる。また、1階には休憩室を設置するなど、「働きやすさ」を追求した施設設備となっている。

■施設概要
物件名:ダイワコーポレーション横浜鶴見営業所
所在地:神奈川県横浜市鶴見区末広町1-1-11
用途地域:工業専用地域
竣工:2024年8月末(予定)
敷地面積:2万8782m2(8706坪)
延床面積:6万2625m2(1万8944坪)
構造:地上4階建て・鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造・一部鉄筋コンクリート造)・高床式
床荷重:各階 1.5t/m2
軒下有効天高:各階 5.5m
貨物用 EV:10基(1-2階:5基 / 3-4階:5基)
垂直搬送機:4基 (1-2階:2基 / 3-4階:2基)
その他設備:休憩室、ドライバー用休憩室、だれでもトイレ、防災センター
駐車場:乗用車:117台 / 大型車:16台
アクセス: 【車】 首都高速神奈川1号横羽線「汐入 IC」より 1.5km
首都高速神奈川1号横羽線「生麦 IC」より1.2km
【電車】 JR鶴見線「鶴見小野駅」より徒歩約5分

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース