LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





商船三井/台湾洋上風力発電所向け3隻目のSOV造船契約締結

2024年06月28日/IT・機器

商船三井と大統海運(Ta Tong Marine、読み:タ・トン・マリン)の合弁会社である大三商航運(Ta San Shang Marine Co. Ltd.、読み:タ・サン・シャン・マリン、以下「TSSM社」)は、6月27日、オランダのダーメングループと新造Service
Operation Vessel(SOV)の建造に関する造船契約を締結した。

<新造 Service Operation Vessel の CG>
20240628mol - 商船三井/台湾洋上風力発電所向け3隻目のSOV造船契約締結

<署名式の様子>
20240628mol2 - 商船三井/台湾洋上風力発電所向け3隻目のSOV造船契約締結

このSOVは、アジア初の新造SOVである「TSS PIONEER」(ティーエスエス パイオニア、2022年竣工)、昨年11月に建造を決定し「TSS CRUISER」(読み: ティーエスエス クルーザー、2025年末竣工予定)と命名予定のSOVに続き、TSSM
社として3隻目のSOVとなる。

姉妹船である「TSS CRUISER」と同じくメタノールレディな設計となっており、同じベトナムの造船所で建造され、2026年末の竣工を予定している。この新造SOVは2020年代後半に建設および運転開始が予定されている台湾の洋上風力発電所への投入が計画されている。TSS PIONEERの操業を通じて培った経験を活かして洋上風力発電所へ人員や物資の安全な移送を行うとともに、洋上での作業員の快適な宿泊設備を提供することで台湾の洋上風力事業の発展に寄与する。

■SOV主要目
船籍:台湾
全長:87.7m
全幅:19.7m
計画喫水:5.3m
最大乗船人員: 120名
特徴: ダイナミックポジショニングシステム( DPS: 自動船位保持機能装置) 、
Motion Compensated Gangway・Crane 装備

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース